保育所で話題となっている問題について

保育所不足


保育所に関する問題の1つとして保育所不足があります。保育所には認可保育所と認可外保育所があるのですが、この中でも認可保育所の不足が問題視されているのです。国が認めている保育所が認可保育所であり、こちらの方が環境が整っており質の高い保育サービスを受けることができます。そのため、多くの方がこちらを利用することを望んでいるのですが、定員以上に入りたい人がいるために待機児童が生じているのです。

認可外保育所についてはあまり信頼されていません。多くの方が認可外保育所は初めから選択肢に入れていないのです。そのため、認可保育所ばかりに応募が殺到しています。このような状況が都心部で起きているのです。

保育所が不足する理由としては、保育所のニーズの増加もあります。共働きをしないとやっていけない家庭が増えているのです。特に都心は家賃が高いため、共働きをして少しでも家計の負担を軽減しようとしている家庭が増えています。そのため、少子高齢化にも関わらず保育所の定員がいっぱいになってしまうのです。

新しい保育所をつくろうとしても、都心では用地が不足しているため、なかなか増やせないという現実があります。このような問題がずっと注目されているのです。