保育所で話題となっている問題について

保育士の待遇問題


保育所不足の問題に関連することとして保育士の待遇の問題があります。そもそも、保育所があったとしても、そこで働く保育士を確保することができなければ、定員を増やすことができません。そして、現在は都心において保育士不足が進んでいるのです。その理由は、保育士の待遇が悪化しているため、求人を出しても働き手が集まらないという問題が起きているのです。

保育士の待遇の中でも問題視されているのは給料の低さです。これはいろいろな問題が深くかかわっています。まず、保育士の給料を高めるためにはそのための財源が必要となります。なかなか財源を確保することができないため、結果的に人件費が削られてしまい、保育士の待遇が悪くなっているのです。

規制緩和によって企業が運営する保育所も増えています。しかし、企業は利益を優先させるため人件費を削る傾向があり、これも保育士の給与を低くしてしまう原因となっています。

保育士は激務であり、残業もたくさんあって、苦しんでいる方がたくさんいるのです。地方の場合はそれほど問題は深刻になっていないのですが、都心の場合はいろいろな問題が複合的に影響して、保育士の待遇が悪くなっています。これを解決しなければ保育士不足は解消されないでしょう。