保育所で話題となっている問題について

さまざまな施策


保育所不足や保育士の待遇改善のためにさまざまな施策が実施されたり、検討されています。どのようなものがあるのか紹介しましょう。

たとえば認可保育所を増やそうという動きがあります。これまではさまざまな障害があってなかなか実行できなかったのですが、問題が深刻化しているため国も積極的に認可保育所を増やそうとしています。また、認可外保育所への支援も考えられています。認可外保育所を補助すれば認可保育所にすることもできるからです。

保育所を利用する側としてもできることはたくさんあるでしょう。たとえば、選挙に行くことは大切です。保育所の問題が放置されていたのは、日本が少子高齢化社会であり、高齢者は基本的に保育所の問題に無関心だからです。若者がもっと選挙へ行くことによって、保育所の問題にも真剣に対処してくれるようになるでしょう。

保育士不足については、待遇改善をした事業者に対して補助金を出すという方法が考えられます。保育士の資格を持っているけれども働いていない方がたくさんいるのです。そのような方が保育所で働くようになれば、保育士不足の問題は改善されるでしょう。

このようにさまざまな施策が実行されたり、検討されているのです。